襲天狗’s B&L、S LABO

競馬予想と回顧。。その他

回顧 -京都記念

1着 サトノクラウン/20c / P3-p(PC)
2着 スマートレイアー/4 / S-p3
3着 マカヒキ/1m / JP+s
1/0.2/ 36.4 - 37.9 - 36.0 / 34.9(△▼)
12.2 / 35.2 - 26.1 - 38.7 / +1.1
京都記G2-芝22外▼5/▼1▼4▼1(-1.1)

サトノクラウンにとってこの馬場、距離ともに
ドンピシャかと思います。。

Crepello
Crepello
Rossini
Vettori

fabb的な分類では重厚なヨーロッパ系のノーザンダ
ンサー系にこれまた重厚なブランドフォード系から
鈍重にもなる底力を受け。。牝系からはミスプロ
の器用さで形になってるって産駒。。
とかく。。優先先祖にブランドフォード系が入って
る馬は格が上がれば上がるほどパンパンの良馬場で
苦戦を強いられますが。。パワーを様す馬場では、
強さを発揮。。Marjuはラストタイクーン系なので
2400mで精いっぱいでしょう。そんな産駒。
3歳春の戦績は思えば脅威的でしたね。

~レース後のコメント~
優先先祖

1着 サトノクラウン(M・デムーロ騎手)
「素晴らしいです。とても嬉しいです。良い馬です。
去年と同じように、スタートの後良い所を行ってく
れました。一生懸命走っています。最後まで伸びて
くれました。ずっと手応えがありました。返し馬で
は、去年はうるさかったのですが、今年は落ち着い
ていました。マカヒキはもっと伸びると思ったので
怖かったですが、馬が強かったです。去年はトモが
緩いところがありましたが、それも良くなりました。
去年も勝っていましたし、自信を持っていました」

2着 スマートレイアー大久保龍志調教師)
「良い競馬でした。京都は合いますし、天気も崩れ
ずにもってくれて良かったです。岩田騎手も上手に
乗ってくれました。パフォーマンスが落ちたとは
考えられません。この後はオーストラリア遠征で
2000mの方を考えていますが、メンバーを見て
からになります」

予想時にも書きましたが。。道悪2200mでは。。
デュラメンテにも勝ち切ったマリアライトにこの条
件で0.1差の競馬。。短距離にシフトしたってより
好走ゾーンが狭く広めに分布するって感じなので
ピンポイントに嵌ればこれくらいは走るって事で
しょう。思った通りでした。

3着 マカヒキ(R・ムーア騎手)
「良いレースをしてくれました。最後の600mく
らいで勝てるかと思いましたが、思ったより馬場が
緩く、疲れてしまいました。今後はさらに良くなる
と思います」

友道康夫調教師)
「久々だったのと、馬場の影響があったと思います。
4コーナーを回るまでは勝てるかなと思いましたが、
追い出してからが...。きれいな馬場でやりたかった
です。ムーア騎手も『ここを1回叩いて良くなるの
ではないか。次を見すえて必要な1戦だった』と言
っていました。悲観する感じではありません。この
後は在厩で、次走はルメール騎手にお願いしようと
思っています」

敗戦は道悪なのか。。磁場なのか。。笑
磁場という概念はないので、速力が鈍った原因を他
にってところだなぁ。。と勝手に思ってます。
どうせなら4着でいいのになぁ。。笑