襲天狗’s B&L、S LABO

競馬予想と回顧。。その他

重賞回顧 -京成杯

1着 コマノインパルス/7d / J+jp
2着 ガンサリュート/10d / PS-ps
3着 マイネルスフェーン/A29 /PS-ps(PC)
1/0.0/ 36.9 - 37.2 - 36.3 / 35.6(□▼)
12.3 / 31.8 - 31.2 - 37.0 / -0.7
京成G3-芝20△2/▼2▼2△1(-0.7)

戦前よりコマノインパルス1強の低調レースでコマノも瞬発力
のなさからそう強い競馬は出来ないだろうな。。という事で。。
サーベラージュの将来性に期待してみたレースでしたが。。
レース前に足元の不安を読んで。。ここを目一杯でダービー戦
戦あたりから出てくるかな。。と思ってました。。
が。。仕事を終えてレースを見て唖然。。。
ここ数年、年末になると買う政治騎手って本があるんですが。。
柴山騎手は書いてる通りの感じを見せてくれました。。
その上。。めちゃくちゃ噛み合ってない競馬ぶりで。。
足元不安ー柴山を見た時点で考えを変えるべきだった。。
と、後悔も勝負資金を入れなかったレース。。んなもんですね。


~レース後のコメント~
1着 コマノインパルス(田辺裕信騎手)
「この前のレースがフロックでないという結果を出せてよかったです。
ゲートを出てポジションを取れれば前に行くことも考えましたが、
馬のリズムを守っていきました。2週続けて強めに追ったので馬が
カリカリしていてレースに悪影響が出ないかと思いましたが、
最小限に抑えられました。ペースは遅く感じたので早めに前の馬を
射程に入れて行きました。外から1頭来ていましたが、しのげる感じ
でした。結果を出せてよかったです」

馬が実力上位で鞍上も日本人騎手の中では3本の指に入ろうかという
上手さと度胸がある人。馬券圏内から飛びようがないと思ってました。
が。。優先先祖キタノカチドキでセカンドカラーがバゴだと。。瞬発
力不足。。レイデオロ相手でもあれだけの負けっぷりを見せられると。。
(ディープ牝馬からの馬ですが。。レイデオロにも瞬発力な優先先祖
を持ってなく。。将来的にハンプトン系の効いた馬にクラシック戦線
では苦戦しそうでね。。)
つぎは京都新聞杯あたりで来て。。ダービーは惨敗って馬になりそう。


2着 ガンサリュート北村友一騎手)
「オンとオフの切り替えが激しく、難しい面があります。
調教からゆとりを持って走れるよう乗ってきたことが競馬につながっ
ています。ゲート裏でスイッチが入りましたが、競馬ではギリギリ
我慢できていました。もっと道中オフで走れれば、
もっと走れると思います」

持続質を持つ馬が実力上位でこのレースの過去もコースも持続質を
持つ馬の好走が目立つレースだったので。。JP型を狙った訳ですが
PS-psもしくはS-sあたりの個性が瞬発系1つしかない馬も何故か
持続競馬で強い競馬をしてきます。道悪なら尚更に。。
はい、今回、この条件でした。。過去のこのレースでこのタイプの
好走がなく。。完全に見切ってました。。ダメですね。。
ってか。。サーベラージュとコマノインパルスの馬連系馬券が。。
このレースの投入金額の8割を占めてたので。。

3着 マイネルスフェーン(柴田大知騎手)
「ハミを換えて折り合いはOKでした。今日はスローペースで、
直線で前が開きませんでした。内枠が仇になりました。
馬は充実してきています」

優先先祖ジェイドロバリー料遺伝3.50。。オープン馬としての活躍は
3歳春までかと思います。。その後は短距離か。。ローカル長距離へ。。
なタイプ。。あ、ダートへが一番いい。
ただ。。条件が嵌った時は今回の様に堅実なタイプでもあるので。。
人気しちゃってるところが厄介な馬だなぁ。。
人気ない馬なら美味しい馬なんだけど。。今回はPS-ps(PC)
という特性が良かった感。。

穴で狙ったアダムバローズ、ベストリゾートともにいいとこなし。。
嵌らないとダメだな。。このタイプは。。見どころすらない。