襲天狗’s B&L、S LABO

競馬予想と回顧。。その他

新潟大賞典 -予想

新潟重賞。。
癖が分かってるので取りたいですね。。
しかし。。陣営も馬の強さだけでなく。。
向いた馬を持ってきてる印象も。

軸候補 02、11
穴候補 01、15

08、09、07
も連下候補で。。この7頭で2席は確保する
と思いますけどね。。

NHKマイルC 予想

軸候補 16、03
穴候補 05、07、12

とりあえず。。混戦ですね。。
このレースの第1回や。。ピンクカメオ
勝った年など。。印象深いレースです。
今年は。。
ルメデム買っとけ的なオッズ構成ですが。。
アウトライアーズの複にぶっこみがあったの
かな。。1人気の時間がありました。
田辺君頼みかなぁ。。

*クラシック戦線の最終トライアルや本番で好走してる馬。
*朝日杯好走馬
*ファルコン、ニュージーランド組なら0.3差まで。。
*連勝馬
クラシックトライアル連対組がいる時は別路線は勝ち馬
が、このレースの特徴かな。。

軸候補
16アエロリット
今年のメンツではこの馬が一番安定してて、
1,2の力を持ってると思います。鞍上も名手
切れないホエールキャプチャ。。という馬かな
と思うので。。2着じゃないかな。。と、思っ
てますが。。

03アウトライアーズ
牡馬のクラシック戦線に乗っかってた馬では1番
の実績馬
スプリングS2着の実績。。昨年のロードクエ
ストがこの戦績ですね。。
困った時の田辺君頼み。。込みで。。

穴候補
05プラチナヴォイス
牡馬クラシック戦線好走馬では2番手を争える
実績馬かな。。の割には人気なく。。
面白そうですね。。ただ。。スピードがないので
惨敗も含みで。。

07ジョーストリクトリ
別路線組の筆頭です。。父ジョーカプチーノ
ここに向けて上昇してきた馬です。

12ミスエルテ
ワンパンチ競馬の好走しか経験がない馬なので
レースが複雑になるとダメです。。
本質的にこの馬は1400mでギリギリのタイプかと
思ってますが。。今の時期ならまぎれることも。。
レースがワンパンチ競馬25-25-50的なラップバラ
ンスを刻むなら出番到来です。。
逃げたくない馬が多いレースなので。。

他。。
01モンドキャンノ
この馬もミスエルテタイプの馬かと思います。
後方一気でどこまでですね。。前に行くなら惨敗

04カラクレナイ
1400mで連勝、桜花賞でも強い競馬してますが。
その桜花賞は38-37-25のラップバランスのレース。
1400mの延長上のレースだったと考えれば。。
レーヌミノルの圧勝、重い配合のソウルスターリ
ングが対応できなかったのもなるほど感。

天皇賞-春- -予想

有馬記念の再戦ムードかな。。と、思いつつ(3着馬まで
出走してますからね。。)特に馬連圏は。。

軸候補 03、16
穴候補 15、07

一応。。候補を挙げるとこうなりますね。。2強は強い。。
ただ、、3200mという距離にまぎれ所があるのも確かで。。
そんなこんなを踏まえつつ。。

軸候補

03キタサンブラック
15サトノダイヤモンド
規格外の馬なので大阪杯で勝つには勝つけどって競馬をして
るなら、過去の規格外がそうだった様に競争能力の衰えや、
故障などを心配しますが。。そこは問題なく。。
重箱の隅をつついてみると。。陣営が本格化。。完成を口
にしだした事で本来の姿がより出てきて。。前走がベスト
の距離になったってのも考えなくはない所。しかし。。
まだ5歳の大切に使われてる規格外ですから。。
心配はいらんかな。
あとは瞬発戦になった時は未だ不安があるので、速い脚を
使えるバイアス上同族のサトノダイヤモンドやディーマジ
ェスティ、シュヴァルグラン辺りに期待ですが。。

サトノは有馬記念で差し切ってますが。。今回は当時より
2キロ増えて本質は距離延長は望まないタイプ。。
ディーは本来は期待したいので。。ちょっとは押さえます
がダービー以降。。馬が変わった感。。皐月賞勝って。。
歯変わりがあって大人になってハザード発動しちゃったの
かな。。サンデーハザードは生きてますから。。
シュヴァルグランは。。搭載エンジンが2強より小さい。
そんな実績を残してます。同型ミッションを積んでてエン
ジンが小さいってのは、大きいエンジンの馬たちが能力を
発揮しないレースでないと難しいですね。。
と、言ってもレースはしやすい馬なのでそこまで来ます
そのそこが2着なのか3着なのか。。5着なのか。。

穴候補
16レインボーライン
週中に記事を書いてますので詳しくは。。
ただ。。16番枠で勝つ確率がほぼ無かった所が、まず無く
なった感。。デムーロマジックに期待!
2着なら十分にあると思ってます。
07アルバート
週中の記事の中にノーザンテーストの事を触れてますが。
この馬は優先先祖ノーザンテースト。。
ステイヤーズS、ダイヤモンドSで好走を繰り返してる馬
はこの舞台ではスピードが足らない馬が多く。。フェイム
ゲームは3歳時にスプリングSを勝った馬なので。。そう
いう実績があってのスタミナ自慢なら大いに食指が動きま
す。この馬の場合はそれがなく。。
ただ。。前走は相手が弱いとはいえノーザンテースト特有
の瞬発力を見せたので。。そこに少しだけ期待。


01シャケトラ
今年のメンバーでは1番のチャレンジャー。
鞍上も良く、週初めは頭もあるかな。。と、思ってまし
たが。。55キロ→58キロ、中盤区間に負荷のかかるレース
では強い競馬を出来てないので。。そこで買い指数が下が
りました。。連下ならですね。
12ゴールドアクター
有馬記念は着差0.1差、サトノダイヤモンドとの斤量差は
キタサン同様なくなります。
菊花賞で馬券になった馬が今回5頭いますが。。そう考える
と買い目が出てきますね。鞍上は名手

2強で決まる結果も踏まえつつ。。

レインボーアンバーの底力

なんでかなぁ。。と、思ってたんですよ。
何が?ってレインボーラインの強さ。。
料遺伝2.00での強さではないのですよ。。

作業効率を高める為に簡素化した部分の曖昧さがある訳
でもなく。。(これは。。内輪のお話。。)
今までたくさんの馬、血統を見てきましたが。。希少種。。

この兄弟は、初仔のアニメイトバイオも好きな馬で。。
阪神JFではアパパネと2強としたものの。。クラシック
シーズンは料遺伝の低さで苦しむだろう。。との見解を
持ってましたが。。やはりな結果。。

通常というか・・料遺伝が2.50を切ってくる馬はオープン
で連戦出来る体力なく。。才気ある産駒の多くは新馬戦で
才気を見せてそのまま休養がちになる。。
休みが多く仕上がらないので成績が悪くなる。。
もしくは。。馬が変わってしまって走らなくなるのがほ
とんど。。

そんな中で。。一握りの存在。。%に直すと0.数%位の
確率になるんだと思います。
例えば。。例年、中央競馬でデビューする産駒の世代で
の1勝する頭数は。。年々減ってはいますが、今は1300
頭弱位でしょうか。。
そして。。2勝3勝と積み重ねていくわけですが。。
料遺伝3.00位の馬は3歳春、各馬が成長しきる前に勝負
をかけ。。その後は休養明け~2走目のみ能力を発揮。。
その後はじり貧になって休養。。のタイプ
が多いので、私はその休養明けを喜んで狙う訳です。。
近年ではヘニーハウンドが美味しい馬でしたね。。

もしくはタップダンスシチーの様に大切に自身の活性値
を積み上げられるまで辛抱強く使われる。。晩成と呼ば
れる馬の数%がこのタイプでこれが料遺伝3.00前後の馬。

あ、ラブリーデイカレンミロティックはこの両方を
兼ね備えた産駒だなぁ。。

料遺伝2.00では。。100頭99頭は新馬、未勝利を勝った
のみで消える訳です。。残った馬もいつ走るかわかんな
い。。休養明けも調教時点で終わる馬も多数だったり

しかし。。レインボーラインは違います。。
アーリントンCを勝ち。。ここまでは。。上記の前者と
見てましたが。。札幌記念好走で、もしやと。。
この馬の異端性に注目していた私だった
ので。。菊花賞では穴馬として大きく推奨しました。
昨秋のお話なので、覚えてる方もいらっしゃるでしょう。
しかしそれは4歳限定の話で。。菊花賞好走がこの馬の
競争生活を終わらせたなぁ。。と思ってたのですが。。
その後、JC、日経賞でも好走で。。驚きました。
並みのこのタイプの馬ならもっと惨敗するはず。。
で、この馬の血統を調べたのですよ。。

アニメイトバイオにはなくレインボーラインのは色濃く
出てるレインボーアンバーの存在。。ここに尽きます。
レインボーアンバーは父アンバーシャダイその父ノーザ
ンテーストの2.00の遺伝を受け。。ノーザンテースト
産駒は3度成長するだったかな。そんな馬。。

ノーザンテースト産駒は特に府中の16~2000mが大好き
な産駒が多いんですが。。(レッツゴーターキン、ムー
ビースターで決まった1992年秋天は共に優先先祖ノーザ
ンテーストなどなど)そんな中で。。優先先祖ノーザン
テーストのステイヤーとしてイングランディーレ春天
の舞台で歴史に残る大激走を見せたのもオールドファン
ななご存じですね。。
単50倍強だったマイネルキッツサッカーボーイ産駒。。
優先先祖ノーザンテースト種牡馬サッカーボーイ
多くのステイヤーを出してますね。

アンバーシャダイ自身もステイヤー全盛時代の春天
2着ののちに3200m時代の秋の天皇賞を勝利。。
アンバーシャダイだけでもステイヤー適正はこれだけ
実績ある産駒ですが。。
レインボーアンバーの母系には
マッチウォン(テディ系)ハロウェー(ファラリス系)
プリメロブランドフォード系)トウルヌソル(ハンプ
トン系)インタグリオー(セントサイモン系)と。。
代々。。現代のサンデー主流の日本競馬では主役には
ならずも底力を供給する系統の血がこれでもかとばか
りに供給されています。

他の兄弟は父ゼンノロブロイが多く。。ロブロイ産駒
は優先先祖クレバートリック(ファラリス系)から底力
で押す産駒が多いので古い底力系血脈産駒に古い牝系
血脈が重い産駒を出す確率が高くなる。。
フジキセキ産駒のホーマンフリップなどはサンデー×ナ
スルーラー/US系の持つ軽さか。。ファンタジーSを好走
アニメイトバイオはファーストクロップなので特別。

そして、、レインボーラインに話を戻して。。
ステイゴールドは。。フェノーメノゴールドシップ
を輩出した産駒。そして、母レーゲンボーゲンの優先先
祖、レインボーラインのFABB BOXの一番右端に。。
PRINCE TAJ(セントサイモン系)が入ってるのが。。
この馬の配合の一番の注目点かも。。
FABB BOXの一番右端のセントサイモンの血は。。
フェノーメノフェイムゲームアルナスライン
スズカマンボなど。。距離を心配された産駒にも入って
て底力を伝えています。自分は近頃のステイヤーには
ここを注目点とすることが多くあります。。

2強の春天。。規格外のキタサンブラックが完成に近づ
いた事で本来の距離適性が顔を覗かせ。。
3歳時から菊花賞の距離でもベストの距離ではないと言
われ、2キロ軽かったマイル質が色濃い有馬記念でキタ
サンの0.0差だったサトノダイヤモンド

つけ入る隙。。あるんじゃないかな。。
やっとレインボーラインの条件のレースが来たとも言え
る。。と、思ってたら鞍上はデムーロさんですか。。

キタサンブラックは規格外の異端児。。
そして。。一見普通に見えて。。の希少種
サラブレットの世界は、異端と希少を好みます。

面白そうな。。そんな視線で見る2017年春の天皇賞
なりそうです。

フローラS -予想

軸候補 14,11
穴候補 04,15

出遅れ癖のある鈍足傾向な優先先祖ナシュア。。
それが圧倒的1人気のホウオウパヒュームの
個性。。上がり34.1を繰り出してがいますが。。
応援する名手が乗ってるので、買いたい所ですが。。
考えますね。。と、いう訳で。。軸にはしません。

軸候補
14フローレスマジック
クイーンC時にこの配合馬なので将来は短い方へ
シフトしてくのでは。。と、懸念しましたが。。
ラキシスとは優先先祖が違うので。。サトノ
アラジンも父寄りながら距離短縮へ。。)
休養明けもあってか伸びを欠く印象。。
しかし。。前2走は相手が桜花賞好走馬が占めて
るので地力は十分。。この中では胸を張れます。

11ビルズトレジャー
牡馬が弱いという評判の世代ですが。。ファンデ
ィーナの好走を許さなかった所を見るとなかなか。。
その牡馬のダービー候補に名が上がる2頭と対戦
してるのは、ここに入って経験値が高いかな。。
4戦連続して出遅れてるので今回も出遅れるでし
ょう。。しかし。。ダノンシャンティ産駒。。
大外一気の芸当が期待できる産駒です。。
鞍上が不安ですが。。

穴候補
04レッドミラベル
兄は府中の長いとこか北海道でしか走らなかった
ルルーシュ
前走は未勝利ながら圧勝劇でここへの期待が出来ま
す。あとはどこまで時計を詰められるか。。
若い分の速筋に期待ですが。。

15ニシノアモーレ
この馬、新馬を勝ち上がった直後に大きい仕事を
期待したいと書いた記憶があります。
鈍足傾向が強い配合馬で、その内容は一旦スピード
に乗せるまでが長くかかりそうな産駒。
新馬戦の圧勝、前走の上がり1番はそんな姿
着順がこの馬の能力ではないので。。新馬戦で、
京成杯で背中を知ってる鞍上。。新味に期待。
逃げてくれないかなぁ。。逃げ名人が乗ってるし

マイラーズCは。。
11イスラボニータが普通に来るかと。。
相手は。。07,08,04。。3着なら05,06..
馬連ベースでは本命戦かな。。
08が単騎逃げの京都マイルなので。。再び大物喰い
が期待出来るかも。。